腰痛・産後腰痛・ぎっくり腰が辛い方

腰痛になやまされており、初診の時、指圧を受けただけで激痛が走り、凄く痛かったです。その痛みがウソの様に取れまして、夜もグっすり眠られる様になりました。後、先生より体の姿勢についてお話しがあり、特に気をつける様になりました。楽な施術で気持ち良く、体が楽になるので、すごく良いと思います。

※「免責事項」こちら掲載された事例やお客様の体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものでないことご理解ください。施術による効果には個人差があります。

浪花様 40歳 腰痛 小山市
詳しく見る
右腰の上に上体がのらず姿勢が曲がっていた。痛みがあり、かばっていた左腰まで痛くなり先生のところに来ました。2、3日で痛みがずいぶん軽くなり上体が乗る様になり、少しずつ身体がまっすぐになって来た。治りが早かったです。質問にていねいに答えて頂き、実行することにより生活が楽になりました。

※「免責事項」こちらに掲載された事例やお客様の体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものでないことご理解ください。施術による効果には個人差があります。

大橋様 62歳 腰痛 栃木市
詳しく見る
肩と腰が痛かった(長時間座っていた時、子どもを抱っこした時)。体が軽くなった。院内は明るくて入りやすい印象だった。整体法は最初は短い時間で終わったのでびっくりしましたが、施術後、体の調子が良くなっているので効果があるのだなと思った。

※「免責事項」こちらに掲載された事例やお客様の体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものでないことご理解ください。施術による効果には個人差があります。

諏訪様 22歳 肩こり、腰痛 小山市
詳しく見る
予約はこちら
【ご注意】
こちらに掲載された内容は施術の結果を保証するものではありません。
痛みの緩和には個人差があります。
腰痛

長期にわたる腰痛の原因

リラクゼーションや癒し系整体などのほぐしで楽になるのは程度が軽い場合のみです。
長年のこり・痛み,我慢できないようなな痛みの多くは腰の骨のズレが原因です。ズレ箇所、ズレ方、ズレの数によって痛みの出方が違います。1ケ月以上痛みが続く場合は、骨の調整をしないと痛みが楽にならないことが多いので施術をうけるとこをお勧めします。 痛みを感じる骨のズレを調整していないために、腰の痛みが軽くならずに悩み続けることになります。

多くの腰痛の原因は腰の骨のズレです。

特に腰の骨の付け根近くが(お尻のすぐ上の)ズレている場合は、そのまま放っていおいて自然に痛みが軽くならないのが特徴です。

筋肉の疲労など通常の腰痛の場合、2,3週間もすれば痛みが和らぐことが多いのですが、腰の骨の付け根近くがズレている場合、 2,3か月以上たっても継続して痛みが発生することが多いのです。

この段階から腰痛に悩む方は、複数の整体院・カイロなどを転々としながら腰痛に悩まされることになります。 特に6か月以上続く痛みや違和感は、筋肉の疲労・コリなどではなく、骨のズレが原因のため、ほぐしや他の整体では痛みが和らぐことがありません。

当院では、この長期にわたる腰の痛みを感じる腰の骨の付け根近くのズレを1本1本調整していきます。

どこにいっても思うような結果が出ない方、是非一度この整体をお試しください。


坐骨神経痛や股関節痛と合わせて痛みが出ることがあります

腰の骨のズレが調整されないまま、腰痛が長期化すると、腰の一番下あたりの骨の付け根とその周辺が鈍痛のように痛くなります。更にお尻の両脇から腿、股関節の内側などに痛みがでます。放っておいても痛みが緩和しないので長期間辛い思いをします。

多くの坐骨神経痛はズレた骨が調整されないままの腰痛が元で、次第に痛みが広がってきます。

特に腰の骨の付け根近くが(お尻のすぐ上の)ズレている場合は、何もせずに放っておいても痛みの緩和が少ないのが特徴です。

この段階からこの痛みに悩む方は、複数の整体院・カイロなどを転々としながら腰痛に悩まされることになります。
特に6か月以上続く痛みや違和感は、筋肉の疲労・コリなどではなく、骨のズレが原因のため、ほぐしや他の整体では痛みが和らぐことがありません。

当院では、この長期にわたる腰の痛みの元になっている腰の骨の付け根近くのズレを1本1本調整し、その後、周辺のコリ・張りをほぐす施術を行い痛みの緩和を目指します。

どこにいっても思うような結果が出ない方、是非一度この整体をお試しください。


ぎっくり腰の状態は2パターンある。早めの対応が決めて!

1.突然腰が【ギクッと鈍い音】に激痛が走り、身動きができなくなるほど強烈に痛い
2.数日前(朝起きた時など)からなんとなく腰に違和感があった。
  時間が経つにつれて痛みが増し、全く身動きが取れなくなり、動けなくなった

ぎっくり腰で来院される方は、主に上記の2パターンあります。
いずれにしろ、激痛で動けなくなり、寝てても痛いのが特徴です。

突然来るか、時間をかけて一気に来るかですが、どちらもぎっくり腰の状態といえます。

通常は2日程度で何とか動けるようになり、1週間もすると普通の生活が出来るようになりますが、痛みがなくなったからと言って、 ぎっくり腰を起こした際の、腰の骨のズレをそのまま放置しておくと、慢性腰痛や坐骨神経痛、ぎっくり腰を繰り返し、長い腰痛とのお付き合いが始まるきっかけとなる方も珍しくありません。 これは、骨のズレを調整していないために、表面上は痛みが軽くなっても、改善されていない状態なのです。

当院へも過去に何度もぎっくり腰を起こした方が来るのを見ると、軽いぎっくり腰でも念のため、3回は施術を受けておくことをおすすめします。

一方で、2,3日経っても痛みが引かないケースもあります。通常の整体院では安静にしておくことをすすめますが、当院では、早めの施術をすることで、悪化して辛い状況から少しでも緩和できるように施術を行います。 (全く歩けない方、寝ることが出来ない方は施術ができません)

早めに仕事復帰したい方、日常生活を送りたい方は早めの処置がポイントになります。


ぎっくり腰の原因・処置方法・予防方法

ぎっくり腰になったらとりあえず安静にするしか方法はありません。 湿布を張るなどはやらないより、やったほうがましといえる程度でしょう。

頭にまくらをして横向になるのが楽な姿勢です。

施術をしなければ、2,3日は仕事どころではないかもしれません。更に、顔を洗う、食事をするのにも不便を感じることになるでしょう。これはやむを得ないことです。

ぎっくり腰は、腰の付け根またはそのやや上あたりの骨のズレで起きることが多く、そのズレを矯正しないと痛みが緩和しません。実際の痛みは、中心と言うより、片方の腰にズキンという激痛が走るのが特徴です。

他の場所で施術を断られた方、どこにいっても思うような結果が出ない、早めに日常生活を送りたい方、是非一度この整体をお試しください。

施術について
新規お試しキャンペーン

6月の休業日・当院のコロナ感染予防対策

12日(金)、26日(金)

当院(院長)のコロナ感染予防対策
・マスク、フェイスガードの着用
・手洗い、消毒(院内、ベッド他)
・院内の換気
・毎日の検温(1日2回)、体温の表示

 


DRT

通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
小山市59%
栃木市12%
結城市9%
下野市6%
佐野市6%
宇都宮市4%
古河市4%

LINE

LINEから予約される際には
・お名前(フルネーム)
・予約希望日時
・電話番号(初めての方)
の記載をお願いします。


*